生命保険の解約金を担保にしてお金を借りる

トップページ
お気に入りに追加
  

生命保険の解約金を担保にしてお金を借りる

生命保険を担保にお金を借りることができます。契約者貸付制度といわれているものです。

いざとなった時、今すぐにお金が必要といった予期していなかった際のために利用できます。

 

仕組みを簡単に説明すると、保険を解約した時に、解約金が支払われます。

この解約金に対してお金を借りることが可能になります。解約金が担保になっているというわけです。

 

ここで注意したいのが、解約金が発生する保険の種類ではないと、この制度は有効とはなりません。

また、現在加入中の保険でも、解約返戻金を担保にして、その保険会社からお金を借りることができる場合もあります。

 

お金を借りられる限度額が設置されている場合もあります。

一般的には、解約返戻金の70~90%程度です。生命保険の種類によって多少異なりますので、保険会社や約款をよく見て確認する必要があります。

 

どこの世界でも同じですが、お金を借りた際には、借りた分を返すだけでなく、それに伴って利子というものが付いてきます。

この利子は、生命保険の契約時期等によっても変動がありますので、合わせて確認しましょう。

 

契約者貸付制度を申請してから、手続き後、約1週間で振込みされるのが一般的ですが、手続き等に不備があると、振込みされるまでの期間が長くなります。

 

返済方法も多種多様で、窓口で行えますし、勿論ATMでも可能です。

インターネットを介して、提携のネットバンキングにて返済をすることができます。返済方法も、保険会社によって異なりますので注意しましょう。