担保が必要となるゆうちょ銀行からの融資

トップページ
お気に入りに追加
  

担保が必要となるゆうちょ銀行からの融資

最近では消費者金融からお金を借りるキャッシングを利用する人が増えています。

比較的審査を容易にパスすることができ、尚且つ借りたお金を早めに全額返済してしまえば少ない利息での融資が可能であるために、キャッシングを賢く利用する人が増えています。

 

そして中には同じようにしてゆうちょ銀行からもお金を借りることができないのかと考えておられる人もいます。

その質問に対する答えはイエスです。しかし消費者金融が行うキャッシングとは異なる点があります。

 

まず消費者金融がお金を貸す人をチョイスする場合、審査によってその人に借りたお金を返済する能力があるかどうかを調べます。

そしてその能力があると判断された場合、貸付がなされるのです。

 

しかしゆうちょ銀行の場合、お金を借りるには担保が必要となります。

つまりゆうちょ銀行からお金を借りた人が万が一全額返済できなくなってしまった時のことを考えて融資がなされるわけです。

 

たとえばゆうちょ銀行には貯金担保自動貸付けというものがります。

これは普通貯金、そして定期貯金をしている人に対してお金が貸し出されるシステムです。

 

ゆうちょ銀行からお金を借り、返済が滞ってしまった場合はまず普通貯金から借入額が引かれていきます。

それでも全額返済できない場合、今度は定期貯金からお金が引かれ、返済にあてられるのです。

 

ちなみに貯金担保自動貸付けを利用した場合の借り入れ最高額は預金残高の90%で、300万円を超えての借り入れは行えません。