条件を満たせば健康保険証だけでお金を借りることは可能

トップページ
お気に入りに追加
  

条件を満たせば健康保険証だけでお金を借りることは可能

お金を借りるとなると色々な書類が必要になると漠然とイメージしてしまいがちです。

ところが、最近のカードローンはインターネットから手軽に申込みできるようになっていて、実際は健康保険証だけでお金を借りることは十分に可能になっています。

 

まず、消費者金融や銀行が運営している個人向けのカードローンでは、提出書類は次の2点が基本となります。

1つめは本人確認ができる身分証明書、そしてもう1つは収入金額が確認できる収入証明書です。

 

身分証明書は、運転免許証があればそちらを優先して提示することになりますが、免許を持っていない人はパスポートか健康保険証を代わりとして使うことができます。

つまり健康保険証もその1点のみで身分証明書として通用しますので、免許証がなくても大丈夫です。

 

一方、身分証明書の他に必要なものは収入証明書ですが、こちらは源泉徴収票や給与明細、確定申告書などを使います。

 

ただし、借入希望額がそこまで大きくないならば収入証明書は不要となる場合が多いです。

 

一般的なラインとしては、消費者金融ならば借入希望額が50万円未満、銀行カードローンならば借入希望額が200万円未満ならば収入証明書が不要となることが多いです。

その場合は、結局は身分証明書の1点を提出するだけです。

 

ぜひ一度申込みを検討しているカードローンにおいて収入証明書不要となる条件を確認してみましょう。

収入証明書不要の条件を満たすならば、手持ちの健康保険証の1点のみでお金を借りる手続きができるということになります。