漁師をやっている方が、お金の借り入れを行う場合について

トップページ
お気に入りに追加
  

漁師をやっている方が、お金の借り入れを行う場合について

基本的に漁師さんのお仕事自体は、水産業分野での自営業者にあたります。

このため、事業資金とあるいはプライベート用の借入資金という使い分けについては、通常の自営業者の方と同じになります。

 

ただ、漁師さんによっては、その地域にある漁業組合への加入などが義務になるような場合が多く、その組合が扱う貸付サービスの制度などを利用したりしなくてはならない場合もありますので、この点に注意をしておかなくてはならない事もあります。

 

大抵通常の漁師さんの場合には、今話したようなそこの漁業組合などへの加入をしたとしても、政策金融公庫や労働金庫などのような公的な事業資金用の貸付制度などの利用も可能になりますので、振るって申し込みなども行う事が出来ます。

 

ただ、私生活用のフリーローンなどの商品の借り入れや申し込みなどの場合には、それらの商品自体が主に、安定した定期的な収入のあるサラリーマンや公務員などを対象にしたものですので、審査などが厳しくなされたりするような事がほとんどですので、あまり申し込みをしたりするのはお勧めではありません。

 

そこで、どうしても何らかの事情で、先程の政策金融公庫や労金などの公的な制度を利用出来ない漁師の方に、お勧めのクレジットカードサービスなどがあります。

 

これ自体は個人事業主や小規模事業者などを対象にしたもので、必ず収入証明書類などが必要になるものであり、ネット申し込みなどでは受け付けていないものにあたります。

 

しかし、漁師さんなどの場合には収入状況の把握自体が容易ですので、確定申告での控えなどがあれば、それで申し込みが可能ですので、大いに活用をしていくための価値があります。