オリックス銀行カードローンのメリットとデメリット

トップページ
お気に入りに追加
  

オリックス銀行カードローンのメリットとデメリット

オリックス銀行カードローンは勤務先への在籍確認は必須ですが、300万円以下の限度額の申し込みであれば収入証明書が不要で、400万円以上の借り入れで低金利になることは、利用者にとっては嬉しいことです。

 

2012年に始まった銀行カードローンであり、総量規制が銀行には当てはまらないのもよく、1年の中で、無利息キャンペーンを実地している期間に利用すれば、なおお得になります。

借り入れ可能額が最大800万円と高額であり、Webからの申し込みも可能で、審査時間は短く、当日か翌日にはおおむね結果がわかるし、24時間365日ATM手数料も無料です。

 

提携ATMの数も多いです。必要書類も、本人確認書類と収入証明書程度でよく、働いていればパートやアルバイトの非正規雇用社員でも借りられるのもメリットです。

 

デメリットとなるのは、無職・学生・専業主婦・年金受給者は審査の対象にすらならないことで、他の銀行の金利が15%程度なのに、オリックス銀行カードローンの金利は17、8%と高めであること、申し込み資格が20歳から65歳とはなっているが、審査に勤続年数が大幅に重要視されるので、20代前半であれば勤続年数を満たしていない可能性も否めないこと、転職したばかりの人も満たしていないと判断されてしまうことです。

 

ただ、これだけ消費者金融と比べて審査が厳しいということは、それだけしっかりしていることの証明にもなると思います。

収入や勤続年数にしても、偽りがないかをしっかりと調べているところもよい金融機関と言えるのだと私は思います。