頼りになる国の貸付制度

トップページ
お気に入りに追加
  

頼りになる国の貸付制度

障害基礎年金で生活を営んでいるというような、収入がない、または少ない方が、金融機関でお金を借りることは基本的にはできません。

同居している収入のある方を保証人代わりにして、利用の条件をクリアする方法もありますが、そうした気軽にお金を貸してくれる機関は総じて高い金利を設定しているものなので、どうしてもお金を用意しなければ困るといった時以外は使用しないのが賢明です。

 

便利な民間の金融機関に頼らず、手間をかけてでも国の貸付制度を利用する決断が、リスクの少ない借り入れを可能にします。

国が低所得者や高齢者世帯、障碍者世帯に提供している、生活福祉資金貸付制度がそれです。

 

わけあって収入が少なく、金融機関のキャッシングが利用できない人を対象にした国の救済措置は、現状の証明が一つの条件となります。

身体障害者手帳や療育手帳を用意して、居住地の市町村の窓口に相談に向かいましょう。

 

生活福祉資金貸付制度はあくまでもお金を貸すという制度ですから、借りたお金を返せる見込みのない人には、借り入れの許可が下りることはありません。

借りるお金の用途を尋ねられ、用途に対して多すぎるお金の要求というのも、全て却下されることになります。

 

しかし無事借りられた場合には、金融機関よりも低い金利で自分のペースでの返済ができるので、無理をしてキャッシング会社からお金を借りるよりも、国の貸付制度を利用した方がずっと快適に済みます。

許可が出ないだろうと諦める前に、まずは相談をしてみましょう。