銀行よりも消費者金融で借り入れ申し込みを。

トップページ
お気に入りに追加
  

銀行よりも消費者金融で借り入れ申し込みを。

今月あと○○円あったら、何とか乗り切れる。来月はまとまった支払いがあるから、何とか支払いを済ませて乗り切りたい。こんな経験を誰しもが一度や二度はしているかと思います。

そんな時に、すぐにでもお金を貸してくれる両親や兄弟がいたらどんなに心強いかと思います。

 

しかし、みんながみんなお金を簡単に貸してくれる身内がいると言うわけではありません。

では実際にお金がどうしても必要な時はどうした良いのでしょうか?

 

増してや、現在、正規雇用下で働けけていない人、例えば日雇い職の人はどんなにお金に困っても借りられないのでしょうか?

 

それは違います。日雇い職の方でもお金を貸してくれる場所はあるのです。

銀行の場合は金利が安い分、審査も通りにくくなっていると言われています。

 

日雇いの場合は、働いている日数の問題や、年間所得などの提出物などがあり、審査が難しい場合もありますが、消費者金融の場合は日雇いの方でも審査が通ると言われています。

 

日雇いでも毎月の一定の収入がある場合は返済が可能と判断されるのですが、日雇いでも働いている日数が極端に少ない場合は難しくなります。

また日雇いの職場に在籍確認の電話があった時に、きちんとその様な人間がこちらに働きに来ていますと、証明をしてくれることがあれば審査は通ると言われています。

 

心配なら方は、予め日雇い職場の方に、もし確認の電話があった時は対応をお願いしますと伝えて置くと間違えはないと思います。